洗面所をプランニングする際の基礎知識

洗面所をプランニングする際の基礎知識

空間をどういった目的で使うのかをハッキリさせておくことから始めましょう。
必要なスペースや機能の優先順位を考えるには、ライフスタイルや家族構成を見るといいです。
朝や夜の時間帯でご家族がどのように使うのかをイメージしてみましょう。
そうすれば動線や隣接する空間への配慮が見えてくるでしょう。
 
洗面所のプランはいろいろなタイプがあります。
空間の作り方では、手洗いや洗面専用にするのか、洗濯室や脱衣室を兼ねるような多目的スペースにする場合が考えられるでしょう。
導入する洗面化粧台についてもユニットタイプやシステムタイプがあります。
こういった種類の豊富さから、いろいろなプランニングができます。
 
 
専門専用にするか多目的プランにするかは用途を明確にしてから検討しましょう。
 
★洗面専用プラン
手洗い・歯磨き・洗面・メイクなどをする専用のスペースとして設置するプランです。
家屋のスペースにゆとりがあったり、サブ的な洗面所として見られます。
ベッドルームの横に設置してパウダールームとして使うプランもとれます。
玄関の近くや子ども部屋の近くに設置できれば、うがいや手洗いに外出から帰宅したときに使えます。
 
★多目的プラン
こちらのプランは洗面だけではありません。洗濯や脱衣などにも利用するプランになります。
一般的に多くみられるのはバスルームに隣接させて脱衣所を兼ねるパターンです。
場合によっては洗面器を設置するような空間プランになっているマンションなども多いです。
 
近頃は、洗濯物を畳んだり・室内干しができたりするような便利機能があるタイプも増えています。
バスルームの横は湿気も溜まりやすくなります。耐水性に優れた床材や調湿機能があるクロスなどを選びたいですね。
 
 
希望にあわせて洗面化粧台を選ぶタイプの場合
 
★システムタイプの洗面化粧台
洗面ボウル・カウンター・収納キャビネット・水栓金具・扉材などを自由に組み合わせてオーダーできます。
収納する物や設置するスペースに合わせてチョイスできます。あなたが好きなオリジナルな洗面スペースができあがります。
 
★ユニットタイプの洗面化粧台
鏡・洗面ボウル・収納キャビネット・照明・水栓金具などが予めセットされており、決まった間口で作られたタイプです。
特徴は間口サイズに応じて、いろいろな商品が揃っていることです。
デザイン・価格・機能のバリエーションも多彩です。
既存のスペースに設置しやすいリフォームにターゲットを絞った商品もありますし、まるでシステムタイプみたいにスペースに合わせて
一部だけをコーディネイトする商品もあります。
 
 
より快適で過ごしやすい洗面所にするにはどういった工夫をすればいいのでしょうか?
 
ゆったりと寛げて、心地良い時間を過ごせる空間……それが昨今のバス・サニタリープランのトレンドです。
高級ホテルのようなデザインも注目されています。限定的なスペースでも広がりを感じさせるアイデアや工夫がみられます。
 
★洗面所とバスルームを一体化して一つの空間にすれば開放的になります。
隣接するバスルームとの繋がりを意識したプランが増えてきています。
どのようにすれば洗面所をより広々とした心地良い空間になるのでしょうか?
洗面ボウルやバスタブ・内装の素材や色を揃えることによって、空間が一体化して見えます。
出入口のドアや仕切り壁を透明のガラスを利用するのも流行っています。開放的なプランになるからです。
 
★非日常のデザインを取り入れてみてはどうでしょうか?
ホテルのサニタリー風にした空間も注目されています。
ナチュラルなリゾート感覚のデザインにしたり、シンプルでスッキリ系の都会的なデザインなどもあります。
海外性の水栓金具を組み合わせてもお洒落ですし、ガラスや陶器の洗面ボウルにするのもステキです。
作り付けのカウンターを設けても使い勝手が良くなります。
ポイントとなるのは、生活感を抑えた空間にすることです。収納スペースを充実させると便利に使えます。




 

レンジフード 交換工事

キッチン換気扇 交換工事

キッチン換気扇 交換

沖縄(那覇)のハウスクリーニング・エアコンクリーニング